menu

親子で人生を楽しむ為の海外移住ガイド

マレーシアを完全退去(本帰国)する際のやらなければならないこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、マレーシアを完全退去する際のやっておかなければならないことをお伝えします。

逆にいうとこれを知っていると、きた時に携帯は、プリペイドにしようとかいろいろ段取ることができると思いますので、

参考にしていただければ幸いです。

*あくまで、私が体験したことをベースに書いているので、

状況は、つねに変わりますし、担当者によっても変わることも多くあるので、参考程度にお願いします。

退去の際は、諸々解約の手続きをする必要があります。

1)賃貸契約の解約

賃貸契約の場合は、オーナーに退去する旨を伝える必要があります。

急な帰国は、急な連絡で仕方ないですが、決まっている場合は、可能ならば2ヶ月前に伝えるのがベストですが、

難しいなら1か月前には遅くとも伝えた方がいです。

契約期間満了(1年契約・2年契約など)で賃貸契約を終わらせられる場合は、

契約時に支払った2か月分の家賃(セキュリティーデポジット)が戻ってきますが、

急な場合(契約期間を満了せず退去する場合)は、このセキュリティーデポジットは、戻ってきません。

ちなみに、2ヶ月分のデポジットですが、

退去する時に、部屋の状態が契約した時の状態で返却できており、チェックして特に問題なければ

通常は、2週間から1か月以内(これもその時によります)に戻って来ますが、

何か破損や損壊などが見つかった場合で、修理が必要な場合は、その修繕費や部屋のクリーニング代を相殺しての返金となります。

これは、ケースバイケースですので、そのときのオーナーによります。

ちなみに私は、マレーシアで3つの住居に住みましたが、

3つめのオーナーのみめちゃくちゃ厳しくて

なんだかんだ修繕費だと言ってお金を請求され、

かつ部屋も汚かったと言われ(メイドが掃除していたのですが)ハウスクリーニング代までも請求されました😭

これらは、2か月分のデポジットで相殺され、戻って来たのは、ほんとうにわずかな額でした。。。

しかも戻って来たのも、退去してから、半年も経過していました・・・。

いろいろ言いたいことはあったのですが、

言ってもスルーされるだろうし、時間と労力ばかりがかかっていいことないので、黙って従いました。

2)インターネット回線や携帯会社の解約

インターネット(wifi)は、契約している会社によりますが、

TMunifiなら通常は2年契約という縛りがあります。

2年以内の解約は、違約金(500RMほど)が発生します。

解約する際には、JB市内の場合は、住んでいるエリアにもよりますが、

TMセンターと言われている大きなセンターに行き、解約の手続きをする必要があります。

通常は、セントーサにあるTMセンターで大丈夫だと思いますが、エリアによりますので、ご確認ください。

解約する場合は、TMから借りているキット(モデムや、電話、リモコン等)を返す必要があります。

ギリギリまで、自宅でもネットは使いたいと思うので、退去するギリギリに持って行くことをお勧めします。

TMは、JBの場合、金土&祝日がお休みですので、それも注意が必要です。

携帯の契約解約も契約した携帯の会社のセンターに行く必要があります。

こちらもセンターは、通常は、Danga bay か TMN Molekにある会社が多いです。

celcom, Maxis, Umobileは、モレックエリアにありました。

Maxisは、ダンガベイにもあった気がしますが、うる覚えですので、確認の上、お願いします。

プリペイド契約なら問題ないですが、毎月の契約の場合は、解約手続きをする必要があります。

契約内容によりますので、ご確認の上、お願いします。

デポジットは、通常は、解約してから、2、3ヶ月後に登録した自宅に小切手(チェック)が送られて来ます。

もう退去してマレーシアにいない場合(ほとんどがそうだと思います)は、

銀行口座を解約時に伝えてそこに送金してもらうよう頼むことができますが、それを対応してくれるかは、正直、担当者によります。。。

マレーシアの銀行に口座がないと送金は難しいかもしれません。

3)車の売却

車を購入した場合は、売却するなどの手続が必要になります。

ちなみにMM2Hの特典を使って車を輸入した場合は、2年は名義変更つまり売却できませんので注意が必要です。

また、MM2Hの特典でマレーシアの車を購入した場合には、

税金分を支払ってからの売却になるのでその辺りもご確認下さい。

日本に比べて、マレーシアは、車体価格は、割と高めで売ることが可能です。

ざっくり言うと、(参考までに・・・)

新車購入の場合、

1年以内だと、購入価格の6から7割、

1年以上2年以内だと、5.5から6割、

2年を超えるとざっくり半分くらいになるイメージです。

もちろん日本車かどうか、さらに使用状態によります!

あまり、走行距離は、見ていません。

業者に売却した方が、後の手続きは楽ですが、ちょうど、欲しい方がいるとお互いいい条件で売買ができることもあります。

ただその場合は、購入する方が、ビザがないと名義変更ができないなど縛りがあるので、業者に売却したほうがラクだと思います。

わたしが退去する時に使った付き合いのあるローカルの業者でよければ、紹介することもできますので、必要であればご相談ください。

とても手際よくやってくれます。

本帰国されたお客さまも、何人か利用されましたが、スムーズに対応してくれました。

さらに、その時によりますが、日本人オーナーだった車は、はやく売れるので、

帰国日よりも前にも売ると言うこともあります。

その場合は、帰国日まで無料で、レンタカーを貸してくれました。(確約はできません。ケースバイケースですので悪しからず)

4)学校への連絡&ビザの解約

学校には、帰国が決まったら、可能な限り、早く伝えた方がいいと思います。

とくに、入学時にセキュリティーデポジットを入れている場合は、

いつまでに伝えないとセキュリティーデポジットが戻ってこないなどの決まりがあります。

その決まりにフォローしないと、
セキュリティーデポジットは、戻ってきませんので、確認下さい。

学校で、学生ビザ、ガーディアンビザを出してもらっている場合は、

ビザのキャンセルの手続も必要になります。
通常は、キャンセルは、そんなに時間がかからないと思いますが、各学校により違いますので、必ずご確認ください。

5)マレーシアの銀行口座

マレーシアに銀行口座を開設した場合は、解約するか、維持するかを決めて、

解約するなら、手続きをする必要があります。

解約の場合は、銀行に行き、解約の旨を伝えれば、解約出来ます。

方法は、そんなに複雑ではないと思いますが、銀行によりますので、窓口までご確認下さい。

口座を維持する場合は、口座維持手数料が海外の銀行は、必要なので、その辺りも注意が必要です。

ざっくりですが、この辺りが、必要になります。ほかにもこまかいことはもちろん色々ありますので、

参考程度にお願いします。

海外留学を実現し、経済的自由も獲得するまでの道


メールアドレス

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。